ドアノブ修理をする理由やレバーハンドルと円筒状の比較

ドアノブは劣化しやすい

住宅が古くなっていくと、使用頻度の高いドアノブは他の設備などに比べて劣化が目立ってしまいます。その場合は、ドアノブ修理や交換を行う必要があります。ドアノブ自体に問題があるのか、それともドアとの接続に問題がるのかで修理か交換か変わります。

【ドアノブの種類】レバーハンドルと円筒状の特徴

レバーハンドル

最近よく見るようになってきたのが、このレバーハンドルです。握らなくてもドアを開けることが可能なので、力の弱いお年寄りや子どもでも簡単に開けることが可能です。

円筒状

一昔前によく見られたのがこの円筒状のドアノブになります。一度握ってから回すという動作が必要になります。握力が弱い方などは、少し開けにくいでしょう。昔から使用されてきたので、種類がとても多いです。

ドアノブ修理をする理由やレバーハンドルと円筒状の比較

ドア

ドアノブ故障の原因

握るたびに何か干渉するような音が鳴ったり、ドアが開きにくくなっているのは、ドアノブの故障による可能性が高いでしょう。ドアノブの故障は、外的要因や内部腐食など、多くの原因が考えられます。ドアノブは誰かが出入りするたびに力が加えられるので、使用期間が長いとどうしてもねじの緩みや劣化が確認できます。

玄関

ドアノブは消耗品

ドアノブは使えば使うほど劣化していく消耗品です。なので、ある程度劣化を確認できたら、迷わず交換するといいでしょう。放っておくことでドアに影響を与えたりといいことがありません。また、最近のドアノブはデザイン性が高いものが多く、見た目を重視して交換される方もいます。

ドアノブ

DIYでの交換も可能

室内のドアノブは、そこまでセキュリティにこだわる必要が少ないので、自分で行ってもいいでしょう。ですが、外と繋がるドアノブはすこしでも甘い付け方をしてしまうと、大きく防犯性能を落としてしまいます。なので、専門業者に依頼した方がいいでしょう。

専門業者とDIYを使い分けよう

室内はDIYでドアノブを交換しても特に問題がありません。ですが、外と繋がるドアノブは必ず業者に依頼するようにしましょう。一歩間違えるとセキュリティ面での不安が残ってしまいます。

広告募集中